« November 2010 | Main | January 2011 »

December 28, 2010

WIMAX

私は、新し物好きで、飽き性です。

新し物好きは、静岡県人の性格のようです。

ですから、「新商品の発売は静岡から」、というのが多いようです。


とりわけ、「何でも首を突っ込む、泡くらいな遠州人の性格」を、私は人一倍持っているようです。

で、いつも失敗して後悔するのです。

と言いつつ、またやってしまいました。


これです。

Wimax_mainbtnl_o

ネット上にこの広告が氾濫していました。

つい、申し込んでしまいました。


WIMAXを

21,980円が5,000円になるキャンペーンに釣られて

インターネットに繋がる機器(ルーター)のことです。

Wimax

このルーターとネットに接続するために、パソコンで色々設定するのですが、

悪戦苦闘の末にやっと繋がりました。


NIFTYのカスタマーセンターに電話すること5回

各1時間位づつオペレーターの説明を聞きながら、登録,設定にチャレンジしました。

何回やってもうまくいきません。


その都度、私の電話を違う方が応対してくれました。

で、感じたことは、皆さん落ち着いていて、親切・丁寧な対応をしてくれたことです。


設定がうまくいかず、イラついている素人客に、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

登録、即解約するつもりでしたが、暫くこのルーターを使ってipadとノートパソコンで遊んでみようと思います。


さて、どこまで電波が繋がるか、持ち歩いて試してみます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2010

旧式、実はこれが一番かも?

私の仕事場では、まだこんなものを使っています。

Photo

SANYOのワープロです。

これで4代目か、5代目です。

以前、勤めていた不動産会社で使っていたものから「SANYO」一筋です。


前の会社では、契約書を作成するのにタイプライター(名称不明)を使っていました。

ガチャガチャと文字を拾って打つ機械です。

当時、このタイプ打ち機を使っているのはごく一部で、他の不動産業者は手書きでした。

入社1年目の私は生意気にも、
当時出たばかりの「ワードプロセッサーで契約書を作れば、
早く、効率よく、見た目にも良いから導入して欲しい」と、上司に進言しました。


でもこの会社、親会社は地元では超堅い建設会社です。

頭も堅くて、ワープロ購入は却下されました。

で、私、自腹で購入しました。


仕事は捗りましたけれど、妻にはひどく怒られました。

その時、私の月給は13万円、ワープロは8万円

転職で給料は半分以下になって、妻のパート給料で食い繋ぐ日々でしたから


私は、不動産業界に入り、見るもの聞くものすべて新鮮で興味深いものでしたから、
全然、生活費のことなど頭にありませんでした。

とにかく超多忙で、いかに毎日の仕事をこなすかだけを考えていました。


平成に変わる頃、浜松は「一力一家」の暴力団追放運動真っ最中でしたので、
賃貸借契約書に暴力団条項を入れたりとか、内容の大幅改定を、
特に静岡県は全国に先駆けて行っていました。

私もこれに乗り遅れまいと、法律や不動産関連の本を買い漁りました。

もちろん自腹です。

そうして、私の机の引き出しには本が溢れ、ロッカーにも仕舞い切れなくなる位でした。


平成8年12月28日、私が責任者である営業所の大掃除と社有車を磨いて、
10年勤めた会社を辞めました。

その時、ロッカーに入れてあった大量の本と、餞別で貰ったお古のゼンリン地図が、
開業したての私にとって大きな財産になっていました。

13年経ちましたが、辞めたその日の大掃除は、
怠け者の私にとっては一番の「力」と「心」が籠ったものだと、
今でも思い浮かびます。


実は、会社を辞めたこの日の夜中、私は滞納入居者の追い出しをしていました。

退去の日が私の退職日に重なりました。

私一人で立会い、約束通り荷物は外に出しました。

「運ぶ車が無い」と言うので翌日、ダットサントラックで私が運んであげました。


会社を辞めた後半年位は、私が携わった管理物件のトラブルや後始末を黙って引き受けていました。

私は、身内を含めた全ての顧客をこの会社に置いてきました。

「ゼロからの開業」と、心に決めていたからです。

でも、実際、マイナスからの出発とは誤算でした。


家族は、何でそこまで義理だてするのか不思議がっていました。

「これが俺のポリシーだ」と、訳の分かったような分からないような言い訳をしていました。

この記事を書いている今も、私の心構えは変わっていません。


私は変わっていませんが、家族はこんな私に愛想をつかしていることでしょう。

来年の今頃は、私一人で年の瀬を迎えているかも?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 13, 2010

檜風呂

実家のお風呂が水漏れし始めました。

Img_5236

特注品の檜風呂ですが、腐りには勝てません。

ということで、また特注しました。

Dsc00518

高さを5センチほど低くしましたので、84歳の父は少し入りやすくなったようです。

檜の匂いがすごく心地よく感じます。


さて、このお風呂と父の寿命

どちらが長持ちするでしょうか?


答え
 ・
 ・
 ・
 ・
 父


理由

私より、おいしいもの食べています。

そして、好き勝手に生きています。

 
うらやましい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2010 | Main | January 2011 »