« December 2010 | Main | February 2011 »

January 24, 2011

書籍紹介「1坪の奇跡」

40年以上行列がとぎれない和菓子屋、吉祥寺「小(お)ざさ」の物語です。

Dsc00640

題名は「1坪の軌跡」
著者 稲垣 篤子
ダイヤモンド社 1429円+税

小さな屋台から始まり、40年以上早朝から行列

売物は「羊羹(1本580円)」と「もなか(1個54円)の2品だけです。


東京吉祥寺の商店街に、たった1坪の店で年商3億円

羊羹は1日150本限定で、毎朝、店の前には番号札を求めて、早朝4時とか5時頃から行列ができます。

お客様は全国各地から来て、わざわざ近くのホテルに泊まり、行列に並ぶそうです。


手に入れるのに大変苦労するので、まぼろしの羊羹と呼ばれています。

ですから、知り合いに「何とか融通してくれないか」と、何度も頼まれるそうですが、

小ざさの羊羹が欲しいときは、家族でも従業員でも、ほかのお客様と一緒に行列に並ぶのがルールになっています。

朝早くから並んでくださるお客様にたいして、思いやりがあり、公正な対応だと感心しました。


家族を含め30人ほどの小企業に、障害のある子どもたちも、正社員として働いています。

たしかに、健常者と比べて仕事の上達速度が遅かったり、劣る部分があるかもしれませんが、他の社員と同じ給料を払っているそうです。

障害者を雇用すると、補助金が出るのですが、補助金をもらっていると、本当にその人と向き合えないという理由で断っているそうです。

まことに清い心の方だと思います。


著者は、初代御父さんの後継ぎ長女として、現在78歳の方ですが、目標は125歳まで羊羹を練り続けることだそうです。

この本は「仕事の本質」、「人間としての心構え」を、完璧に教えてくれています。


久々に、読みながらずっと涙が止まらなかった秀逸な本でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2011

新年早々

本年最初の記事です。

昨年暮れに、伯父と従兄が相次いで脳梗塞で倒れ、伯父は亡くなり、従兄は半身マヒになりました。

新年早々、葬儀や従兄の見舞いで憂鬱な日々を過ごしていました。


そして、この仕事

Dsc00628

宅建協会の依頼で、税務署管轄の土地価格調査をしています。

調査地点が多くて、1週間缶詰状態でした。

まだ続きます。


精神的肉体的に疲れています。


サッカー日本代表が予選リーグ突破して、少し安心しています。

もし、サウジアラビアに負けていたら、私も脳梗塞になるところでした。


岡崎ありがとう


前田君ありがとう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2010 | Main | February 2011 »