« January 2011 | Main | March 2011 »

February 26, 2011

新入会研修

一昨日、「新入会社研修会」に行ってきました。

Dsc00775

うん、何の研修会で何処へ行ったかって?

「宅建協会」へ新しく入会した人の研修に、静岡県本部にです。


協会員歴14年の当社が、何故、新入会扱いかといいますと、代表が変わったからです。

昨年9月に、代表取締役が父から私に変わりました。

新社長だから、「研修を受けなさい」ということです。


大きな金額を扱う不動産業界は、他の業種に比べ、コンプライアンス(法令遵守)を重んじます。

法律違反を犯したり、消費者を騙すことのないように、宅建協会の本部員が懇切丁寧に教えてくれます。


午前10時から午後3時30まで、途中休憩を挟んでいますが、じっと講義を聴くのは大変です。

花粉症の薬を飲んでいますが、あまりにも飛散量が多くて、

駅から歩いて会場に到着するまでに、すでに頭はもうろう。


故に、頭の先から足先まで身体全体が硬直状態でしたので、もう疲労こんぱいです。


14年前に前社長の父と受けた新入会員研修と今回

ちょっと雰囲気が違いました。


出席人数が前回の半分50人くらい

皆さん服装が地味


14年前は派手な背広を着た人、化粧の濃い女性社長、

さすがにジーパンの人はいませんでしたが、私服の人がチラチラいました。

不動産業者が増えていた時代です。


今は退会(廃業)する人が、入会よりずっと多いと聞きました。

ここにも、業界の縮図が見え隠れしている、今日この頃でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2011

花粉症と合宿

梅の花が咲き始めました。

Dsc00757_2

降雨と気温が上昇してきたためです。

と、同時に花粉症シーズン到来です。
(今年は早いし、多い)


私、花粉症とは大学時代からの付き合いです。

当時の私は春先になるとやたら鼻水が出て、くしゃみが止まらなくなりました。

てっきり、風邪だと思っていました。


この時期は合宿の真っ最中です。

春のリーグ戦に向けて、東京都下東村山で約2ヶ月過ごします。

テニスコートと合宿所がある所です。

中央線の国分寺駅から単線に乗り継いで、小川という駅から歩いて30分位です。

重い合宿荷物(ボールも背負って)を持っての、この距離は大変です。


合宿所は昔の兵舎を教室にし、そして合宿所に使っていました。

隙間風で寒いのなんの、暖房はありませんので2、3日寒くて寝られません。

が、そのうち疲労と慣れで寝られるようになります。


さて、当時私はマスクをかけて練習していました。

マスクしてテニスする姿を想像してください。

かっこ悪いと思いませんか?


鼻水たらたら出ますので、上級生も黙認してくれました。

黙認してくれたのはいいですが、これが苦しい

思いっきりダッシュを繰り返すと息が苦しい

苦しいを通り越して、死ぬかと何度も思いました。


そんなこんなで、この時期は大学時代の合宿を懐かしく思い出します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2011

「ローコスト時代」突入

昨日は、盛況の内に内覧会が終了しました。

Dsc00721


来場は13組、当社が管理している大家さんも来てくれました。

中には、お客様同志で世間話に花が咲きました。

Dsc00723

同級生で、久々に顔を合わせたようです。


折り込みチラシは半径1km圏内に絞って入れましたので、

こういうローカルな光景が見られたということです。


さて、戸建賃貸住宅という「土地利用を目的」とした内覧会でしたが、

3人に1人は自宅の建て替えもしくは、購入したいという方でした。


私の想定していた通り、持ち家でも、一挙に「ローコスト時代」に突入したということでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2011

戸建賃貸住宅完成内覧会

明日2月6日(日曜)

戸建賃貸住宅の完成内覧会を開催します。

Dsc00700

アパート・マンションは空室増加で、家主さんは大変苦労されています。

賃貸住宅をお探しの方は、戸建てを希望されるが多く、供給も少ないので、

戸建賃貸は堅実な賃貸業として魅力があります。


今回、当社で企画し、ローコストで建築しました。

土地利用をお考えで、躊躇されている地主さんは、是非お越しください。


会場は南区本郷町です。

当日のチラシです。

Photo


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2011 | Main | March 2011 »